子供の歯について|溝の口から徒歩5分の歯医者、佐和歯科クリニックは虫歯治療、歯周病予防、歯並び予防に力を入れています。

  • TEL 044-850-5517

    TEL 0120-038-030

  • 診療時間:月~金 9:30~13:30/15:00~18:30 土 9:30~13:30/14:30~17:00 休診日:木・日・祝
  • お問い合わせ
  • 24時間ネット予約

NEWS

子供の歯について

こんにちは。歯科助手保育士のせきねです。 

今回は子どもの歯についてです。 

歯の生える時期には個人差がありますが、乳歯は生後6ヶ月から 

生えはじめ、3歳頃までに生え揃うのが一般的です。 

 

歯が生えかわる時期の口の中は乳歯と永久歯が混在している 

状態です。乳歯と永久歯では大きさが違うので、 

歯並びがデコボコしています。 

そのため乳歯だけの時と同じような歯磨きの仕方では磨きのこしが少なくありません。 

大人がしっかりと仕上げ磨きをするようにしましょう。 

 

また生えたての時期は汚れがつきやすいため、歯科医院で 

フッ素など塗ってもらったり、フッ素配合の歯みがき粉などで 

虫歯予防をしてください。 

 

また乳歯が抜けていないのに永久歯が生えてきた時は歯科医院で 

診てもらうことおオススメします。 

乳歯がすでに揺れている場合は自然に抜けて生えかわることが多いですが 

そうでない場合は行き場を失った永久歯がずれて生えてきてしまう可能性が 

あります。歯の状態によっては乳歯の抜歯も必要な場合があります。 

 

子どものうちからしっかりと口腔内の環境を整えていくとが大切です。 

ページの先頭へ