キシリトールについて|溝の口から徒歩5分の歯医者、佐和歯科クリニックは虫歯治療、歯周病予防、歯並び予防に力を入れています。

  • TEL 044-850-5517

    TEL 0120-038-030

  • 診療時間:月~金 9:30~13:30/15:00~18:30 土 9:30~13:30/14:30~17:00 休診日:木・日・祝
  • お問い合わせ
  • 24時間ネット予約

NEWS / お知らせ / 医院ブログ

キシリトールについて

/ /

みなさま、こんにちは! 

佐和歯科・矯正歯科・口腔外科クリニック、院長の佐和義夫です。 

 

本日は、みなさまに「キシリトール」についてお話しさせて頂きたいと思います。 

 

みなさまは、「キシリトール」は、「むし歯になりにくい、甘いお菓子」だと、思ってらっしゃらないでしょうか? 

 

残念ながら、ブッブ~、です~!! 

 

ある意味では正解ですが、ある意味では不正解です。 

「キシリトール」はそんな「甘っちょろい物」ではありません。 

 

「キシリトール」は、天然の樹木である「カバノキ(樺の木)」の抽出成分から生成される「天然化合物」です。 

1974年、フィンランドの歯学者ヘルシンキ出身のアリエ・シェイニンとカウコ・マキネンにより、キシリトールには強力なむし歯予防効果があることが発見されました。 

 

「キシリトール」は人間には無害ですが、「むし歯菌」にとっては強力な殺菌作用を示します。どういうことかと申しますと、「むし歯菌」は「キシリトール」を分解することが出来ないのです。 

 

「むし歯菌」は「砂糖」を食べて分解して自分の栄養にして、代わりに「酸」を産出し、この「酸」が「歯を溶かす」ためにむし歯が発生します。 

「むし歯菌」にとっては、「砂糖」が「ごはん」で、「酸」は「おしっこ・うんち」みたいなモノです。 

 

しかし、「キシリトール」は「むし歯菌」にとっては「一見、おいしそうな、ごはん」に見える為、お口の中に「キシリトール」が一杯あると、彼らは喜んでこれを食べていきます。 

しかし、「むし歯菌」は「キシリトール」の分解酵素を持っていないために、これを食べても「酸」は産出されず、さらに、「むし歯菌」自身の栄養にもならないので、「むし歯菌」はいわば「下痢をする」ような状態になってどんどん弱っていきます。 

理論上は「キシリトール」ばかり与えられた「むし歯菌」は、「2週間くらいで死滅する」と言われています。 

 

「ヒト」は「紙」を食べても分解できずに栄養にならず、たくさん食べるとおなかを壊してしまうかもしれませんが、「ヤギ」は「紙」を分解する酵素を持っているために、「紙」を喜んで食べるのはみなさんもご存知かと思います。 

この原理とちょっと似ていますね。 

 

これが、「キシリトール」を食べると、強力な「むし歯予防機能」が発揮される理由です。 

 

しかも、十分な甘みがあるにも拘らず、カロリーは通常の砂糖より40%も低く、糖尿病の方の「代用糖」としても推奨されています。 

 

さらに「キシリトール」には「骨粗しょう症」の改善に役に立つことも発見されています。 

 

さらに、「急性中耳炎」予防に有効だという研究報告もなされています。 

 

「キシリトール」摂取による問題になうような「副作用」は、今のところまったく報告されていません。 

 

こんなに素晴らしい「キシリトール」ですが、食べる時の「注意点」などはあるでしょうか?有効に「むし歯予防」するための、いくつかの「オススメ」があります。 

 

①「キシリトール100%」との表記がある食品を食べましょう。 

(食品の中には「キシリトール入り」など、効果の低い物もあります) 

②「キシリトール」は、出来るだけ「食後」に食べましょう。 

(食後に歯みがき後に、「キシリトール」をお口一杯に満たすと、特に有効です) 

③「キシリトール」を食べたら、「他の物を食べない・飲まない」 

(むし歯菌に「的確に」、「キシリトールだけを長時間食べさせる」ためです 

④「キシリトール」は「寝る前」に食べて「口をゆすがずに」「そのまま寝ましょう」 

(同じく、長時間「むし歯菌」に「キシリトール」を食べさせるためです) 

⑤「キシリトール」も「カロリー」はあるので、食べ過ぎには注意しましょう 

(若干、おなかが緩くなる傾向があるのと、食べ過ぎると「太ります」) 

 

以上、素晴らしい「むし歯予防」能力のある「キシリトール」について、お話しさせて頂きました。 

みなさまも「キシリトール」をうまく活用されて、「むし歯の無い人生」をぜひ健康に過ごされることをお祈りいたしております! 

ページの先頭へ