プラークについて|溝の口から徒歩5分の歯医者、佐和歯科クリニックは虫歯治療、歯周病予防、歯並び予防に力を入れています。

  • TEL 044-850-5517

    TEL 0120-038-030

  • 診療時間:月~金 9:30~13:30/15:00~18:30 土 9:30~13:30/14:30~17:00 休診日:木・日・祝
  • お問い合わせ
  • 24時間ネット予約

NEWS / お知らせ / 医院ブログ

プラークについて

/ /

こんにちは歯科衛生士のオオナギです。

今日はプラークについてお話したいと思います。
皆さんはプラークをご存知ですか?
プラークとは歯垢のことです。
食べカスと思っている人もいますが、全くの別もので細菌のかたまりなのです。
歯垢(プラーク)1mg中には数億個以上の細菌が存在しているといわれています。
では、プラークの作り方をお話しします!
歯磨きで取れなかった磨き残し(食べカス)に、口の中にいる他の菌が集まってきて、集合体になります。
これがプラークです。
細菌が集まってプラークを形成するには約1日かかる為、24時間以内に1回でもしっかりきちんとしたケアが出来ればプラークは破壊されます。
しかし、プラークが落とせないままでいると
プラークの中にいる菌が、毒素や酸を排出して口内トラブルの原因となる、虫歯や歯周病を進行させてしまいます。
一度形成されたプラークは吸着力が強く、口をゆすいだ程度では取れないので、歯ブラシやデンタルフロスを使って落とす必要があります。
プラークを落とさずに放置していると、やがて石灰化して歯石に変化し、普通の歯ブラシでは落とせなくなってしまいます。
歯垢(プラーク)は自分で除去することは可能ですが、歯石になってしまうと簡単には除去できません。
歯石になる前に正しいブラッシング方法で歯垢(プラーク)の発生を防ぐ日々のケアと定期的に歯科医院でクリーニングを受けることをオススメします。

ページの先頭へ