舌側矯正のメリットとデメリット|溝の口から徒歩5分の歯医者、佐和歯科クリニックは虫歯治療、歯周病予防、歯並び予防に力を入れています。

  • TEL 044-850-5517

    TEL 0120-038-030

  • 診療時間:月~金 9:30~13:30/15:00~18:30 土 9:30~13:30/14:30~17:00 休診日:木・日・祝
  • お問い合わせ
  • 24時間ネット予約

NEWS / お知らせ / 医院ブログ

舌側矯正のメリットとデメリット

/ /

皆さんは矯正をしたいと思ったことはありますか?

歯並びが悪い人が矯正をすると、コンプレックスが解消され、自然に歯を出して笑えるという利点があります。

矯正には大きく分けて、唇側矯正と舌側矯正があります。

今回は舌側矯正のメリットとデメリットについてお話したいと思います。

舌側矯正とは、歯の表面に矯正装置をつける唇側矯正とは違い、歯の裏側に矯正装置をつけて、歯を動かす矯正方法です。

舌側矯正の一番のメリットとしては、矯正装置が表から見えないので、審美性がとても高いことです。

また、舌側面(歯の裏側)には、唾液腺があるため、常に唾液が循環していて、虫歯菌がその唾液の殺菌作用などによって増殖しにくい状態になります。

そのため、舌側矯正は唇側矯正に比べて虫歯になるリスクは少ないのもメリットの一つです。

虫歯になるリスクは少ないものの、必ずしも虫歯にならないというわけではないので、矯正装置がついていても歯磨きを怠らないことが大切です。

デメリットとしては、舌のある裏側に装置が引っかかるため滑舌が悪くなり、慣れるまでに時間がかかったり、歯の裏側に装置がつくので歯磨きがしずらいことなどがあります。

また、舌側矯正は唇側矯正に比べて、費用が高いというデメリットもあります。

滑舌に関しては、慣れていくと思いますが、見えない裏側を自分で磨く時にはタフトブラシなどの補助的清掃用具を使用することをおすすめします

今回は舌側矯正のメリットとデメリットに関して、軽くお話をしましたが、他にも様々な矯正方法があります。

それぞれのメリットデメリットについて知り、自分に合った矯正方法を選択していただけたらと思います。

ページの先頭へ