誤嚥性肺炎と義歯のお手入れ|溝の口から徒歩5分の歯医者、佐和歯科クリニックは虫歯治療、歯周病予防、歯並び予防に力を入れています。

  • TEL 044-850-5517

    TEL 0120-038-030

  • 診療時間:月~金 9:30~13:30/15:00~18:30 土 9:30~13:30/14:30~17:00 休診日:木・日・祝
  • お問い合わせ
  • 24時間ネット予約
TEL

NEWS

誤嚥性肺炎と義歯のお手入れ

こんにちは、歯科助手の本間です。
本日は誤嚥性肺炎と義歯のお手入れについてお話しします。
誤嚥性肺炎とは?
嚥下がうまくいかなくなり、飲食物や逆流した胃液などが誤って気管、肺に流れ込んでしまうことを誤嚥といいますが、それが原因で起こる肺炎を誤嚥性肺炎といいます。
気をつけなければいけないのが、飲食物を誤嚥して起こるだけでなく、口の中の細菌を唾液と一緒に気づかないうちに誤嚥してしまって起こることが多いということです!
はっきりとむせたりする症状がないので発見が遅れる場合や、体力や抵抗力が落ちたときになりやすく、高齢者に多い肺炎といわれています。
誤嚥性肺炎の予防の1つとして口腔ケアをきちんとするということです。
今回は歯のブラッシングではなく、入れ歯のメンテナンスについてご紹介します。
入れ歯のメンテナンスは大きくわけて「日々の洗浄」と「定期診査」の2つです。
食事などをすることで、入れ歯には「デンチャープラーク」という汚れが付着します。
この中には多くの細菌が含まれており、口内炎を引き起こしたり口臭の原因になったりします。食事後には流水で大きな食べかすは洗い流し就寝前には必ず柔らかめの歯ブラシで丁寧に清掃することをお勧めします。
義歯洗浄剤を使うも効果的です!
就寝中は水やぬるま湯の中に入れて保存しておきましょう。
熱湯は変形してしまう恐れがあるので厳禁です。
また、長期の使用でヒビが入って汚れ落としが不十分だったり、人工歯の摩擦や歯ぐきの衰えで噛み合わせの変化が生じたりすることがありますので定期診査もお勧めします。
噛むことは全身のバランスにも極めて大切です。そのために「良い状態で義歯を装着すること」が必要です!
お気軽に定期健診へお越しください!

ページの先頭へ