インプラント|溝の口から徒歩5分の歯医者、佐和歯科クリニックは虫歯治療、歯周病予防、歯並び予防に力を入れています。

  • TEL 044-850-5517

    TEL 0120-038-030

  • 診療時間:月~金 9:30~13:30/15:00~18:30 土 9:30~13:30/14:30~17:00 休診日:木・日・祝
  • お問い合わせ
  • 24時間ネット予約

インプラント

インプラント】自分の歯のように「噛める」実感を取り戻す治療法

虫歯や歯周病などによって失われてしまった歯の代替治療として、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つの治療方法があります。

インプラントとは?

治療法によってメリット・デメリットがあるものですが、当院では最適と判断される場合はインプラント治療をおすすめしています。インプラント治療では、歯が抜けてしまった部分のあごの骨にチタン製の人工の歯根を埋め込み、その土台の上に人工の歯を装着させます。
インプラントはブリッジなどのように隣の歯を削らないため、健康な歯に負担が少なく、見た目が自然で、機能的にも優れている治療法と言えます。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリット

●自分の歯と同じように噛める

入れ歯やブリッジとは違い、あごの骨に土台を埋め込むため、天然の歯と同じような感覚で食事を楽しむことができます。自然な噛み心地を取り戻せるので、「ごはんが美味しくなった」と言われる患者さんも多いです。

●見た目が自然で、美しい

外から見ても、天然の歯と見た目が変わらないこともインプラントの特徴と言えます。入れ歯のようにズレたりもしないので、しゃべるときや笑うときも全く気になりません。

●周りの健康な歯に負担がかからない

ブリッジによる治療の場合は、義歯を支えるために隣の歯を少し削る必要があります。また、歯にかける入れ歯の場合も、支点となる歯に負担がかかってしまうというデメリットがあります。インプラントは他の歯に負担がかかりません。

インプラントのデメリット

●埋め込むための外科手術が必要

あごの骨にインプラントを埋め込むため、外科手術が必要な点にはご注意ください。また保険が適用されない治療ですので、比較的高額な治療費がかかるという点もご考慮いただければと思います。

●治療できないケースもあります

インプラント手術の場合、どんな方でも治療を受けられるわけではありません。糖尿病などの全身疾患がある方や、あごの骨量が足りない方の場合、インプラント手術ができないケースもあります。

●治療期間が長い

治療期間は、個人差もありますが、短くて3か月から半年ほどとなります。インプラントの本数が多い場合や、増骨手術が必要な場合には、さらに期間がかかってしまうこともあります。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較表

インプラント
治療法 インプラントは、あごの骨に純チタン製の人工歯根を植立し、その上に人工歯を取り付ける歯の再建法です。
メリット 1.天然歯と同じ感覚で噛むことができる
2.見た目がよい
3.周りの歯に負担をかけることがない
4.発音や発声がうまくできる
5.天然歯と同じように味を感じられる
デメリット 1.保険適用外のため費用がかかる
2.外科処置であり、麻痺や出血のおそれがある
(当医院では術前にCT撮影を行い、万全の準備でのぞみます)
ブリッジ
治療法 ブリッジは、失った歯の部分の左右両隣の歯を削り、そこに人工の歯を橋のようにかけるように作る方法です。
メリット 1.自分の歯とほとんど同じ感覚で噛める
2.固定式なので違和感が少ない
3.見た目の仕上がりもほぼ自分の歯と同様になる
4.治療期間が短い
5.保険で治すことができる場合がある
デメリット 1.周囲の歯をたくさん削る必要がある
(1本の歯の40~70%を削る必要があります。たくさん削るために、神経部分を取らなければならない事がある)
2.削った歯が虫歯や歯周病になる可能性が高くなる
3.両隣りの支える歯に負担がかかる
4.歯のない部分の骨が次第にやせていくことがある
部分入れ歯
治療法 入れ歯は、歯を失った部分の型を取り、そこに人工の歯をピンクの床の上にくっ付け、それ自体をバネで自分の歯に引っ掛ける簡単なものです。
メリット 1.ほとんど歯を削らず、治療回数が少ない
2.通常の入れ歯なら治療費が安い
3.大きな欠損にも対応できる
デメリット 1.天然歯の20~30%の能力しかない
2.固いものを噛むのは難しい
3.食べ物がはさまりやすく口の中が不衛生になりやすい
4.骨が徐々に痩せてくるのでそのつど調整が必要
5.取り外して手入れが必要
6.違和感が大きい
7.うまく発音ができないことがある
8.見た目が良くない
9.バネで支えている歯への負担が大きく、欠損が拡大しやすい

ブリッジや入れ歯は簡便に、低予算で治療することが可能です。しかし、これらの方法では周りの歯への負担が大きくなってしまい、長い目で見ると欠損が拡大することは確実です。
残ったご自身の歯を守ることをご希望でしたらインプラント治療をおすすめします。しっかり噛めること、おいしく食事ができる事は、健康増進や、認知症防止にもつながります。

インプラント治療経験18年以上

外科手術が必要なインプラント治療の場合、歯科医師の腕と経験値は非常に重要なポイントです。

技術力と設備が”インプラント成功のカギ”です

当院の院長は、インプラント治療経験18年以上という経歴を持っています。また、院内にはフランス製CTを完備し、しっかりとした診断と数値に基づいた治療を行わせていただくことが可能です。
信頼できる歯医者さんでインプラント治療を受けたいという方は、ぜひ当院へお越しください。

国産を含む様々なインプラント体を用意

当院では、国産や欧米産など多種類のインプラント体をご用意しています。
CTによる正確な診断の上、患者さんのご要望、お口の状態、埋入部位により最も適切なインプラント体を選んでご提供いたします。

●主に使用中のインプラントメーカー
  • アストラテックインプラント(スウェーデン)
  • ストローマン社(スイス)
  • スプライン(カルシテック)(アメリカ)
  • イムテックMDI(アメリカ)
  • アルファタイト(ケンテック)(日本)
  • プラトン(日本)
ページの先頭へ